ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

流れ星ビバップとか朗読とか

真夏の果実をもぎとるように 僕らは何度もキスをした
やがて種を吐き出すような 固い固い心のカタマリ
流れ星静かに消える場所 僕らは思いを凝らす


↑小沢くんの「流れ星ビバップ」の歌詞の一部なんですが、
「やがて種を吐き出すような 固い固い心のカタマリ」って
ところ、前にBOSEくんがこの歌詞がすごいって紹介して
いたんだったかな?
それで、改めて聴きなおしてみて、最近すごくこの曲が
好きだし、このフレーズも好き。

本もそうだけど、言葉を紡ぐのがうまい人の歌の歌詞や
文章は、本当におもしろいし体に染みる。


今回のLIVEで、NYが大停電になった時のことや、笑いについて。
お金持ちの友達が2日続けて同じスニーカーを履いている人の
ことを「かわいそう」というのと、一般の人が貧しいといわれている
国の人の写真を見て、「穴のあいた靴を履いてる、かわいそう」
というのは同じこと、というような朗読をしていた。
あと、数の関係。
一(ひ)と二(ふ)、三(み)と六(む)、四(よ)と八(や)。
倍数の数字は同じ行で読む。
昔の人は、音で数字を認識していたことがわかる、という話。

「なるほどね~」と思う、とても興味深いお話。
私なんかは世界のこと、社会のことがいい歳こいて全くわかって
いないので、こういう風にわかりやすく話してくれる人が
いると、大変助かる。
[PR]
by pino-little | 2010-06-05 20:24 | 音楽

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little