ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

夢、完結?

割りとシリーズもので見る夢がありまして。
昔働いていた某ブランド(服)の販売。
5年働いたけど、ホントにイヤでイヤで。
辞めてから10年以上経つのに、夢に出てくる。

主に、接客しても自分だけ全く売れないという
ことが多いのだが、設定がやけにリアルで
バイトとして手伝いに来て欲しいと頼まれたのが
(夢で)8年ぐらい前だろうか。
それからシリーズ化し、たまに夢に出てくる。
昨日は、セールなのか、過去の売れ残りの服が
たくさん店に並んでいた。
で、やっぱり自分の売り上げはない。
(でも、バイトだからいいのか、と思い直した)

なぜか、外国人男性が店の壁側にもたれて座って
タバコを吸い始めたので、カタコトの英語で
注意してたな。

で、ついに「バイトやめたい」と、店長に言った。
どういう返答だったかはあまり覚えていないが、
これでやっと販売の夢を見なくなるんだったら
嬉しいな。

こんなにも呪縛から逃れられないあの会社、すごいね。
考えれば、1年ぐらいずっとお腹ゆるかったし。
声が出なくなったり、じんましんや薬疹が出たことも
あった。
過去最高にストレスを抱えていた時期だね。きっと。

その前の、3ヶ月でリストラされたバイトの時は
円形脱毛症になったな。
[PR]
by pino-little | 2011-03-05 21:25 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little