ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

夢の呪縛

最近見なくなったと思ったのに、今日のは特に
イヤだったな-。
服の販売していたころの夢。

いつも接客しても自分だけ売れず、他の人はものすごい
売れているという夢。
今日はなぜか、友だちが店長で、ものすごい売ってる。
私はバイト(夢のクセに、人手が足りないからバイトで
来て欲しいと誘われる設定で続いているのである)で
久しぶりに入ったし、本当にイヤなので接客にも
身が入らない。
久しぶりに入ったから、レジとか商品とかもすっかり
変わっていて何もできない。
店長である友だちの手伝いをしているのが、なんだか
情けなくて。
もうバイトも辞めたいと思った。

続き物ってのが怖い。

この夢の呪縛から放たれる時はやってくるのだろうか…。

心底向いていないんだろうな、この職業。
営業も絶対ムリだ。
[PR]
by pino-little | 2011-06-12 12:52 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little