ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

オール電化フェア~スチャダラ2011本編その①~

ふふっ、今月の検キーが全部オール電化絡みで
うれしい♥

さて、前回の続きです↓


楽しかった小野音を後にし、会場へ向かう。

前述の通り、ミニトートは終了していたし、物販
(ミニアルバムと余談、タオルは先行で買った)の
『節電気グルーヴ』Tシャツの影響もあってか、
去年と同じぐらい長蛇の列。

私は買う予定なかったけど、一緒に行った友だちも
諦めた。
で、席へ向かう。
今年も縁あって、Bブロックの前から2列目で見ることが
できた♪

f0018926_23512984.jpg


時間になり、トップバッタ-はネゴシックス。
ゲストで出るアーティストネタを披露。
出番、この他なかったな(笑)

次に司会の麒麟、そして、ウワサの東電のお3方が(笑)
とりあえずの「何かゴメンなさい」で、謝罪(笑)

余りの暑さにずっと着続けることは断念したらしい。

トップバッターは、サ上とロ吉。
「みなさん、まだ体温まってないから、立って!!!」と
客を盛り上げようとしてくれたのはありがたいが、
この日の天気は予報に反して晴れわたっており、また、
小野音から飲んでる輩や、お歳を召したお友だちも多いので(笑)
そのことに気づいたらしく、「ムリをしない程度に」って
後で付け加えていた(笑)

あのDJパフォーマンス、よかったな。

続いてはARFA。
去年に引き続き「お友だち」呼びかけ(笑)
「具合が悪くなったら言ってくださいねー。」
「心中お察しすることしかできないですけど」
と、相変わらずなトーク。

ワリとメジャーな曲を2曲ほどやったところでSDP登場。
もうはや来るのの、「君にポゴシッポヨ」ですよ
あのダンスがどうなることかと思っていたが、手で
ハートを作ったり、野音が明洞になったり(笑)

すっかり韓流アイドルな4人でした。
最後のポーズはアー写と同じになってたYO!

初披露、見れたーと満足していたが、「惚れたぜ!HARAJUKU」
までやってくれた
去年できなかった、タオル回し(この曲ぐらいしか、そんな
コトをやる機会がない)もやったし、大満足だった~!!!





で、次はSAKE ROCK。
ここでワタクシ、水が底をつきてしまい、水分確保に
売店へ向かう。
音は聴こえているが、売店も長蛇の列で、大半逃して
しまった…。
普段は我慢強い方だが、あの暑さは水分をちゃんと摂らないと
確実に熱中症になる暑さだったので、自分を大切に
しました。

席に戻ったぐらいでスチャダラも登場し、一度見てみたかった
SAKEラップ『ついてる男~94’春~』を披露。
ANIの「ナイスヘッドだピクチャーマン」で、ハマケンが
ピクチャーマンになり、ANIをボコボコにする。
が、ANIが反撃するという違う展開に(笑)
やっぱ楽しいな~ヽ( ´¬`)ノ

終わった後のトークも、ハマケンいじり。
笑っていいともに出た時のこととか。


今回見ていて思ったのは、司会の場つなぎが少ない。
去年は小薮さんとバッファロー吾郎が結構出てきて
セッティング中もトークで繋いでいたが(コヤソニ
並に)今年は節電なのか(ステージライトも質素だった)
セッティング中も何の場つなぎもなかった。
通常の電力じゃないのを使ってるって言っていたので
関係あるのかも?


で、次は早々にソウルセット。
HEY!HEY!SPYDER
CHANGE MY MIND
INNOCENT LOVE
と定番で進んだところで、「ゲストを呼びます」と。
スチャダラ?と思っていたら、まさかまさかの
よっちゃん!!!
水色の雨ですYO!
テンションMAXですよ!!!!!
その後は
SUNDAY。で、ここでスチャダラ登場。
いつものRGのあるあるで、ANIの曲紹介。
この為だけにRGを呼ぼうと思ったけどできなかったと。
ホフのLIVEに呼ばれてたのね、RG。

で、NEVER ENDING BEATS。

STAR DUSTが聴けなかったのが残念。

パーカッション、いつもの富村さんじゃなかったんだよ。
(とかいって、本人だったらどうしよう)
あの人もスライマングースの人なのかなあ???

BIKKEと俊美さんが残り、麒麟とトーク。
コヤソニのチャラBIKKEの話なる。
すると、タタタっと、柵に若干イタイカンジの服装な
女の子が駆け寄ってきた。
その子、あやまんJAPANの子でしたΣ( ̄ロ ̄lll)
周囲のみんなで「あやまん来てるよ!!!」と呼びかけるが
一向に気づかず。
10回ぐらいみんなで呼びかけてやっと気づいてくれた!
ステージ上からの「ぽいぽいぽいぽ ぽぽいぽぴー」に
応じて踊ってた(笑)
反対側から見たかったな-。

次は電気グルーヴ。
案の定、今まで以上に後方から客が押し寄せる。
私は全然ハマらなかったので、曲も有名なのしか知らないが、
周囲は異常な盛り上がりになり、柵越え、柵すり抜け多数。
タバコを吸う人まで。
瀧は瀧で、客から扇子やらタオルを一旦もらい、股間を
拭いたり、めっさタオルを舐めたりして客に戻すことで
盛り上げていた。
キライじゃないけど、それは欲しくないと思って見ていた。。。
ハウスとかテクノって、こんなノリなのかね。

GEST枠、トリで相対性理論。
生まるえつを見る時がきた!

コアなファンは、ワリと秋葉系らしいというウワサを聞いて
いたが、そんなカンジの男子が、後ろから来た来た!

そんなまるえつ様は、クソ暑いのにケープと膝丈のスカート。
ふくらはぎ、ワリとふっくらしてるな。

曲のカンジはキライじゃないんだけど、まるえつ様は
直立不動(たまに小首を傾げる)で歌うので、ノリにくいのだ。
歌って、自分でリズムをとらないと歌いにくいと思うのだが、
あそこまで微動だにせず歌えるのは、逆にすごいと思う。

そんなキャラなんで、もちろんトークなし。
(単独の時はあるのだろうか…)
まるえつの「出でよ、スチャダラパー」の一言で、SDP登場。
シフォン主義を演奏。

CDで聴きたい、相対性理論。

ゲスト編でここまで長くなったので、続く。
[PR]
by pino-little | 2011-07-06 23:51 | 音楽

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little