ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

余韻もなにも

この週末の3日間がぎゅっとし過ぎていて、頭の中が混乱中。

仕事中も時折ボーっとしたり、にやけそうになったり、泣きそうになったり
しながら過ごしていた。

そんな中、昨日俊美さんに渡したかぼちゃのケーキ。
食べていただけたようで、ツイッターで凄く美味かった」と。
お世辞としても、「凄く」までつけてもらったことに感動し、また
倒れそうになる。

f0018926_2254327.jpg


自分が店に立ちたいわけではないけれど、自分が大好きな人たちに
おいしいと思ってもらえるお菓子を作ることが夢な自分としては
かなり木に登っているわけで。

ここで熱弁すると、俊美さんは人間的に本当に心が広く、人との
繋がりを大事にする素晴らしい人だと尊敬しているので、
昨日会って話を聞くことができて、自分はつまらないことでイライラして
ばかりだし、自分のやりたいことに向かって何もしていないな、と
改めて思ったのである。
今回、お世辞だとしても、「凄く美味しい」はかなりのモチベーション
アップであり、お世辞抜きで美味しいと思ってもらえるようなお菓子を
作りたいな、と思ったり。

自分のビジョンをちゃんと持って生きないと。
キュン死にだけではなく、真面目に自分と向き合って、これからを
考えることを思い出させてもらった。
[PR]
by pino-little | 2011-11-14 23:58 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little