ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

分析すると

私の好きな何かツボがあるんだと思うのです。

私、ジャンルで言うならソウルが好きなのですが、達郎氏は
アメリカンポップスの異常なまでのコレクターのようなんですね。

あと、Eのコード進行が好きな気がする。
多分私の好きな曲って、使っているコードが似ているんじゃないかと
思う(笑)
完全なバラードより、ミディアムテンポでメロウなカンジとか。
達郎氏の70~80年代の曲は、その辺のエッセンスがふんだんに
取り込まれている気がする。
「FREE SOUL」好きとして、ぐっとくるサウンド。

この頃に産まれてたら、絶対リアルタイムで好きだったと思う。
アンルイスの「恋のブギウギトレイン」とかで、リアルにディスコで
踊りたかったぐらいだ(笑)

日本でも、こんなに素晴らしい音楽が奏でられていたことを、若い頃
聞いていたのに、よくわからず過ごしてしまった自分が未熟だと、今さら
思う。
この辺の音楽を教えてくれた、当時の池袋西武の某パン屋の店長に、
報告したいぐらいだ。


今なら、あの時勧めてくれた音楽の良さがわかる。

ずい分時間がかかってしまったけど、お礼を言いたい。
[PR]
by pino-little | 2012-09-08 21:25 | 音楽

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little