ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

細かすぎて伝わらない・・・

達郎さんにおいては、他人に引かれるぐらい、細かいポイントが
好きだったりするのだが、最近LIVEも近くなり昔から今の曲までを改めて
聴いていて、「この歌のこのフレーズの歌い方が好き」的なことを考える
ようになった。

SUGAR BABE期の歌声が好きというのは前から書いている。
で、「WINDY LADY」においては、ソロアルバムに入っている演奏よりも
SUGAR BABE時代の演奏の方が好きで。
「今日はなんだか」もそうだけど、LIVE演奏のギターがいい。
歌詞のイメージと演奏が合っているというか。
後半の、間奏(ギターソロ)明けの「君はWINDY LADY」の「LADY」の
あの歌い方がかっこいいのだ。
「WINDY」を小さく歌った後の「レィデェ」ですよ。

この頃の歌い方って、割と、声量と若さでストレートに歌っているカンジで、
その歌い方に刹那的なものを感じて、とても好き。
(今の歌い方は、違った大人の魅力がいいのだけれど)

その他、最近のお気に入りは「FUNKY FLUSHIN'」始まりの、達郎さんの
「Let's go,FUNKY FUUULUSHIN'!」という言い方など。


と、いうことを考えながら、今日は会社から家に帰ってきましたw
重症化が進んでおります。
完全に、重症化を受け入れているけど笑
[PR]
by pino-little | 2013-10-23 00:19 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little