ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1か月後

■春からずっとずっと、心待ちにしていた達郎さんのLIVEまで、とうとうあと
1か月となりました。
明日になったら1か月を切っちゃうのですよ!
皆さん気にもしていないと思いますけど、もう誰にも止められないぐらい
テンション上がりまくりです。
内容はアレだったけど、達郎さんのLIVEに行く夢まで見るし、さらに今日の
サンソン!!!

ここにも書いたように、2010年のRSRで演奏しているのを見てるのにも関わらず
全く記憶になく自分を責めた、大好きな「WINDY LADY」が、(しかも、一番好きな
SUGAR BABE完コピだったなんて!!)サンソンで!!!

聴取率週間サマサマの、願ったり叶ったりな出来事でした。
今日の夢で「WINDY LADY」演奏していたのは、予知夢かしら笑(←アホ)

あとは、何を着て行こう問題について、そろそろ考えないといけない。
アウターは、この前やっと理想のモッズコートと出会ったのでそれ着るし、ブーツも
買ったから、服がね。
4回行くし、その他にも遠征とかイベントがこの間てんこ盛りなので、そんなに服に
お金をかける余裕はないが、来月になったらいろいろ見ようっと♪


しかしここ数年、近所の公園の木が、キレイに紅葉しないまま枯れ落ちてしまう。
アサヒビール園の紅葉は、キレイに紅葉していたのだけどな。

f0018926_230678.jpg


こんなカンジ。
落ち葉の絨毯の方がキレイだったりする。
明日、様子を見に行ってみよう。

季節の変わり目は、木や花、星が移ろって楽しい。

10/28追加

f0018926_23593114.jpg


雨上がりの落ち葉の絨毯。
[PR]
by pino-little | 2013-10-27 23:00 | つぶやき

週末音楽

■土曜日(19日)
レコ部は日曜深夜という時間帯からいつも見れないが、札幌出張イベントが
あり、友人がサポートDJで参加するということでお誘いを受けたので
行ってきた。
会場のお店も、オシャレだった。

で、LIVEありDJありの内容だったのだが、よくわからず参加したしてみたけど、
とても楽しい時間でした。

何も知らずに行っても、矢舟さんがジャズアレンジで「甘く危険な香り」を弾き語ったり
前園さんが「今日はなんだか」を当時の達郎さん並の見た目で歌ったり。
音楽が好きな人は、もれなく達郎さんが好きなんだと思った。


f0018926_2357734.jpg


普段の「冗談伯爵」というユニットの時はこうらしいが、最後の「今日はなんだか」で
f0018926_2358021.jpg


こうなった笑

最後の最後にこれやったので、ぎりぎり終電逃したけど、悔いなし。

■日曜日(20日)
急性声帯炎が心配だったハマケンだが、無事にLIVE敢行。
「在日ファンク」は、2011年のRSRでLIVEを見て一目惚れした。
ハマケンのダンス&シャウトもそうだが、なによりリズム隊の安定したビートと
ギターのカッティング、ホーンのハーモニーがFUNKミュージックを支えていると
思うので、『在日』では最強だと思う。
今回も去年同様最前列(ホーン隊が好きなので、そっち側)で見れて幸せだった♪

何でか忘れたが、ストライキに入るようなので、無事に交渉成立して戻ってきてほしい。

達郎さんのLIVE前に見れて、よかった♪

LIVEの間とか近くだと、私はもう達郎さんしか聴けなくなってしまう(今もそんなカンジだけど)
ので、ちょうどいいタイミングで見れてよかった(≧▽≦)
[PR]
by pino-little | 2013-10-25 00:06 | 音楽
達郎さんにおいては、他人に引かれるぐらい、細かいポイントが
好きだったりするのだが、最近LIVEも近くなり昔から今の曲までを改めて
聴いていて、「この歌のこのフレーズの歌い方が好き」的なことを考える
ようになった。

SUGAR BABE期の歌声が好きというのは前から書いている。
で、「WINDY LADY」においては、ソロアルバムに入っている演奏よりも
SUGAR BABE時代の演奏の方が好きで。
「今日はなんだか」もそうだけど、LIVE演奏のギターがいい。
歌詞のイメージと演奏が合っているというか。
後半の、間奏(ギターソロ)明けの「君はWINDY LADY」の「LADY」の
あの歌い方がかっこいいのだ。
「WINDY」を小さく歌った後の「レィデェ」ですよ。

この頃の歌い方って、割と、声量と若さでストレートに歌っているカンジで、
その歌い方に刹那的なものを感じて、とても好き。
(今の歌い方は、違った大人の魅力がいいのだけれど)

その他、最近のお気に入りは「FUNKY FLUSHIN'」始まりの、達郎さんの
「Let's go,FUNKY FUUULUSHIN'!」という言い方など。


と、いうことを考えながら、今日は会社から家に帰ってきましたw
重症化が進んでおります。
完全に、重症化を受け入れているけど笑
[PR]
by pino-little | 2013-10-23 00:19 | つぶやき

『好き』の種類

ここでいう「好き」は、嗜好の方向です。

言わずもがな、私の達郎さんの好きっぷりは病的というか、
マニア的なのですが、人がそれに対して思う「好き」なところが
いろいろあっておもしろいなあって。

私は、最初達郎さんは昔の声がすごく好きだった。
そこから今の声も、容姿もトークも全部好きで、理想の夫婦になった。

レコードがそもそも好きだから、高値のものには手を出さないが、
当時のレコードは欲しいし、雑誌のインタビュー(言葉を字で読むの好き)も
たくさん読みたい。
何より、LIVEで体感するのが一番なので、できる限り生の声と演奏を
聴きたい。

これは、達郎さんじゃなくても思うことかな。

好きでも、LIVEに行かない人もいる。
「音楽」という広い定義で好きな方は、DJに多い気がする。
(余談だが、ジャンル関係なく音楽が好きなミュージシャンの作る曲は、
ワンパターン化しないと思った)

コレクターとなると、とにかく集めるのが好きだろうし、本気で結婚したいと
思うほど、リアルに好きになる人もいるでしょう。

音楽やその人のプレイが好きだから、演奏や歌い方を研究する人もいる。

好きすぎて、我が道を進んでいたはずが、気づいたら類友というか、蛇の道は
蛇的な同志が出会うべくして出会ったり。

『好き』のフォーカス具合によって、同じ人を好きでもいろいろあるのだなあと
ぼんやり思った。



11月27日。
好きになってから初めて見るLIVEは旭川です。
ホールLIVEバージンを捧げてきます。
私にとってはあともう少し。
次の日、早い電車に乗って出社しようかとも思ったが、どう考えても飲み過ぎるし
この日を皮切りにお忙しな日々が始まるので、半休申請してみたw

この日、多分会場についた途端に泣いて、LIVEが始まる間、席についてからも
感極まって泣いて、LIVEが始まってからも泣くと予想してます(笑)

ああでも、私、達郎さんの音楽にちゃんと出会うことができてホントによかった。
[PR]
by pino-little | 2013-10-19 00:46 | つぶやき

陽だまりの彼女

達郎さんが主題歌(光と風のレクイエム)を手掛けた映画を観に行って
きました。
(ネタバレになる話もあるので、ご注意ください)

正直、主演が松本潤と上野樹里で、なんだかラブストーリーっぽいという
見たカンジ、どうなんだろうと思っていたのだが、予告の映像と達郎さんの
歌が、あまりにもマッチしているので、映画館であの曲を聴けるだけでも
いいかぐらいの気持ちでした。

この手の客層って、①松潤ファン②単に映画に興味がある③達郎ファンの
どこに当てはまるカンジなのかしらと思っていたのだが、私の周りにいたのは
①と②が圧倒的で、若いお嬢さんお兄さんが多数でございました。
もちろん、1人で来ている人などおらず。
(いたのかもしれないけど、私の周りはいなかった)

アピアでも結構力を入れて打ち出しているので、「彼女には秘密があった」なんて
触れ込みなのは知っていた。

で、始まって冒頭。
「まさか・・・秘密ってコレ?」というエピローグ。
まあ、9割がたそうなんだろうなと。
アニメではよくあるファンタジーなストーリーだけど、それを実写でやるかぁぁ。

で、問題の上野樹里ちゃん。
私の中ではのだめがはまり役すぎて(あの漫画自体が好きだった)、もう彼女は
のだめにしか見えないんじゃないかと思っていた。
が、たまにそう見えることもあったが、かわいい女の子として見れてよかった。

しかし、なんていうか。
話の中で出てくる「熱いものが苦手」とか「寒いのが苦手」とか、「やたら身のこなしが
軽い」とか、「モビールに異常に反応する」とか「ある日金魚が1匹いなくなってる」とか。
これは、お客さんにわかって欲しくてこんなに取り入れているのかなあ。

まあ、私の心が汚れてしまっているので、純粋に楽しめなったのかもしれぬ。
なぜか、あまちゃんのキャストと被っていたのも(勉さんとか)純粋に見れなかった
言い訳にする。

でも、映像(光の効果)と音楽(ビーチボーイズ)はとてもよかった。
達郎さんが大好きなビーチボーイズ。
とてもステキな音楽でした。

達郎さんの曲はエンドロールだけだったけど、それがもったいないほど映画の
内容とシンクロした歌詞なので、私は映画を観ながらその曲と歌詞の意味を想って
何度か泣きそうになった。
劇中で流れたら、号泣したと思う。

映画のストーリーから、あんなに素晴らしい曲が書ける達郎さんのすごさを改めて
感じたのでした。
[PR]
by pino-little | 2013-10-14 22:42 | 映画

週末

■土曜日
鼻と口の間ぐらいにずっと異物感があって。

なんかできているのかしらと気になっていたので、耳鼻科に行った際
ファイバースコープ(鼻から喉に通す)で見てもらった。
吸入で喉に麻酔をして痛みなどを和らげるものの、まあまあな太さの
ものがずるずると鼻から口に通され、声を出せとか咳払いをしろとか
言われるので、相当な苦痛だった。

今のところじゃない耳鼻科は、麻酔もされなかったな、そういえば昔・・・。

で、結果。
上咽頭に少し慢性的な炎症が見られるものの大したことはないと。
あと、異物感の原因として、口蓋が舌の根についているらしい。
これも別に異常とかではないみたいだけど。
多分、異物感の原因はこっちだろう。

夜はビーストに行った。
そんなに長居するつもりじゃなかったのに、日本酒なんて頼んでしまい
結局長居。
やっぱり日本酒は飲み過ぎる。
自分が原因なんだけど、絶対飲み過ぎるのをわかっていて止められないから
そんなに頼まないのだ。
120mlを2杯と60ml1杯(他ビール2杯)で限界を感じた。
(普通?)
そういえば、すごい前に買ったワインみたいな見た目の日本酒、すっかり飲む
機会を失っていたけど、今度の週末にでも開けてみようかしら。
チーズに合うらしいのだ。

■日曜日
晴れているのに雨が降ったり、最高気温も15℃ぐらいだったみたいで
変な気候だった。
昨日のお酒も残っており、なんだか眠くだるい1日。
こういう日は、サンソンを聴いてまったりと過ごすのがよい。

何もする気が起きなかったのだが、買ってすっかり放置してしまったリンゴを
どうにかせねばと思い、ソフトクッキー風のケーキを作った。

f0018926_9493555.jpg


明日試食する。
かぼちゃもどうにかしないとな。

秋は、ナッツや野菜を使ったケーキが作りたい。
定番のカボチャケーキ、作ろう♪
なんて、お菓子を考えて作るのは好きだし、食べるのも好きなのだが
少しでいいので、食べきりサイズじゃないと絶対に残してしまう。
このケーキ、うまくできていたら会社に持って行こう。

夏からの豆腐ブームは続いております。
まだ豆腐ばっかり食べてます。
週3ぐらいで食べてます。
昔から豆腐は好きなんだけど、なんだこの異常なハマりっぷりは。
そんなに足りてないのか、イソフラボンが。
まあ、体に悪いものじゃないのでいいのだけど。
木綿より絹ごし派です。

明日は「陽だまりの彼女」を見にいくんだ~♪
絶対泣くから(最近ますます涙腺がゆるいので)、たくさんティッシュ持って
行かなきゃ(笑)
[PR]
by pino-little | 2013-10-13 22:42 | つぶやき

フライング

ここまで来ると、あと1か月半なんてのは「もう少し」なんですな。

どんなクラッカー(中身の飛び出さないヤツ)にしようか、下見をしつつ(笑)
今回は、その札幌の会場「ニトリ文化ホール」に行った過去を振り返ってみる。

最近全く行っていないが、思えば最初に行った時は「厚生年金会館」という
名前だった。
今は、ホールの名前をスポンサーが買って自分とこの名前に変えられるんでしたっけ?

私は、厚生年金会館はずいぶん足を運んだものだ。

一番最初は大江千里さん。
中学生の時。

その後は、岡村ちゃんと、BUCK-TICKかジュンスカどっちか。
時代ですな。

あと、覚えている限りではラルクと小沢くんか。

最後は小沢くんだな。
ファクトリーホールの音響が最悪と言ってて、厚生年金の音をやたらと褒めて
いたのを覚えている。

最後にあのホールに行ったのは、もう20年ほど前になるが、今私が一番好きで
尊敬するアーティストがずっと厚生年金会館で演っているという事実がなんだか
感動的で。
そこにやっと今年行けるというのが、更に感動的で。


生の演奏、歌声をとうとう・・・(T_T)
[PR]
by pino-little | 2013-10-06 23:05 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little