ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

天使と悪魔

見に行ってきました!

原作を読んだのは2~3年前だから、どこまで
原作通りかははっきりわからなかったけど、
ほぼそのままのかな?
(ラストとか、ヒロインの設定は違ったけど)

枢機卿が殺されるシーンは本で読んでもぞっとしたけど
映像化されるとさらに怖かった・・・。

前作のダヴィンチコードもそうだったけど、長い原作を
2時間半ぐらいにまとめているので、ダイジェスト的な
話の展開になっていた。

本を読んでいる人はわかっているからいいけど、読んだことの
ない人はついていけないところもあるかも。
(でも、ダヴィンチコードよりはまだわかるかも)

しかし、映像の迫力はさすが!
バチカンの町並み、歴史のある建物がまたいい。


宗教のことはよくわからないけども、宗教と化学が
相容れなかった歴史など、興味深い話だな~、と。

この2作を読む(見る)と、ヨーロッパの教会に行ってみたく
なる。
実際に見たら、圧倒されるんだろうなー。。

映画はとても楽しく満足だったけど・・・・・・・・・

隣のおっさんの加齢臭が!!
臭かった・・・

あと、ポップコーンがまずい!!!
固い部分が多すぎ!冷めてるししょっぱいし!

映画館なのにポップコーンがまずいなんて、最悪~ヽ(#`Д´)ノ
by pino-little | 2009-05-30 17:11 | 映画

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little