ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

こどもの日記

何年生の時に書いたのかわからないが、
小学生の頃の日記もあった。

おもしろいので書き留めておこう。

【12月26日(月曜日)(天気 曇り/雪)】
今日、おかあさんと、わたしでまちへ行きました。
さいしょにいったところはしんきんです。
二階へいったら、○○くんのおかあさんが、いました。
そこにカレンダーをたくさんもっていた人がいました。
つぎにながしまさんへいきました。
ながしまさんでぼんぼりをかってもらいました。
わたしのいとこにもかってあげました。
つぎにいったところは、「わたしのへや」という
ところにいきました。
そこには、あめの形をした石っけんがありました。
つぎに、ちかにいきました。
そこで、ガムとおかしをかってもらいました。
おかあさんが「かえろう」といったので、バスていに
いったら、おばあちゃんにあいました。
とてもおもしろかったです。


「ながしまさん」は化粧品を売っている店です。
こんなに長く書いているのと、天気を書いている
のは初日のこの日だけですw

しかし中身の無いこと。
おもしろいもんです。

つづくw
by pino-little | 2009-11-21 19:55 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little