ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

変換について更に考えてみた

風呂に浸かっていたが、どうも気が落ちていた。

負のスパイラルに思考が陥りそうになったのだが、
そこで考えた。

自分の思いや感情を、本来自分の伝えたいことや
やりたいことにうまく変換できないと、負の方向に
いってしまうのかと。

人間というのは言語で人とコミュニケーションを
とるものだが、私は割りと、自分の中でイメージした
ことを、これっていう言葉に変換できるのに時間が
かかるタイプなので、うまく言えないことが多い。
(字は時間をかけて、やりなおせるのでいいのだが)
でも、酔うと何かのロックがはずれて、やたら話す。
自分の思っていることを素直に話せていると思う。

それは、普段人と話す時に、いろいろな余計な
思考を働かせてしまっているからなのであろう。



先週、気が上がっている時のエネルギーを有効活用
できたらいいのに、って書いたのも、うまく変換
できていないってことなんだろう。

いい子でいたいという感情であったり、こんなことを
言ったら、どう思われるのかしらっていう邪推で
あったり。
いろいろあるのでしょう。

そういう余計な壁により、感情をうまく変換できなくなったり
言葉に変換することをしなくなると、破壊という行為に
変換されてしまうのかも知れない。

私の気が落ちていたのは、先週酔っ払ったことにより
誰かに迷惑かけたかしら、とか、くだらないことだと
思うが、誰にも確認しないで余計なことを考えるのは
よくない。

そういうものは、確かめなければいけないし、伝えたい
ことは、やっぱり時間がかかってでも、きちんと伝えて
いかないと、自分のやりたいことを実現することにも
繋がらないなあ、と。

例えば、将来的に、私はやっぱりお菓子を作って
いろんな人に食べて欲しいし、自分の作ったものを
好きな人たちに食べてもらえるようになりたいと思う。

それをどのような形で実現したいと考えるか。
その為には何をするかというのを、そろそろちゃんと
考えなきゃなー、と思った。

そのような考えに変換することにより、私の思考は
負のスパイラルから抜け出し、最終的にすっきりした。

変換をうまく、早くできる人は、成功している人
なんでしょうね。

時間がかかったとしても、うまく変換できると
心身ともに健全でいられる気がする。

くだらないことかも知れないが、今日の自分には
収穫があったのでした。
by pino-little | 2010-04-11 23:18 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little