ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

モテキ2回目

前回買った前売り券が余っていたので、そろそろ行っておこうかと
思い立った。
しかし、この祝日、レディースデーにわざわざ高い前売りの値段で
見に行くという悲しい私。
並んでいたら、後ろの若い女子はパラノーマルなんちゃらを
見たいらしく、残りわずかが無くなったらどうしようとうこととか、
バイトの時給が上がったとか、高校生がモテキを見に行くって
みんな言っているとか、そんな話をしている。
高校生に、あのサブカルなカンジは伝わるんだろうか。
興行収入すごいけど、女王蜂の知名度ってどのくらいあるんだ?
という疑問が浮かんだり。
あんだけサブカルアイテムをてんこ盛りにしつつ、メジャーにした
大根監督はすごいね。

映画を2回以上見たのって、中学生の頃に光GENJIの映画を
4~5回見に行った以来。
メメントは、見ても犯人が全くわからずDVDを借りたけど。
それでも犯人わからなかった。

2回目でも、幸世の部屋に隠れているアイテムをいろいろ探したりも
楽しいし、「あのシーン来る!」と思いつつ、泣き笑いしちゃう。
DVD買ってもいいな。
やっぱり長澤まさみはいいカラダしてる。

幸世、ドラマの時よりは成長してるよ。
うざいけど、服装とか趣味とかはキライじゃない。

やっぱり、ソウルセットやスチャダラを大画面で見れるのは嬉しい。

そして、るみ子の吉牛シーンはやっぱり美しい。
by pino-little | 2011-11-03 22:38 | 映画

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little