人気ブログランキング |

ドルフィンの詩

pinochan.exblog.jp
ブログトップ

胃の検査をしてみた

あまり胃腸が強いほうではないので、たまに胃が痛くなったりすると
市販の胃薬を飲んでました。

最近空腹時に胃の底が重い気がして、ずっと市販の胃薬を飲み続けて
いたのでさすがにどうかと思い、検査をしてもらいました。

血液&尿の採取から、エコー、胃カメラのフルコース。

まあまあ、前の2つはいいですよ。
しかし胃カメラが・・・。

8年くらい前に初めて胃カメラを飲んだのですが、行った病院がヤブで。
(今はつぶれてなくなっている)
胃カメラも昔の太いヤツだし、仰向けで看護婦3人がかりで押さえつけられ、
その後にバリウムを飲まされたという苦い思い出があるのです。
(初心者なので、そんなもんだと思っていたのですが、後に看護婦の友達に
言ったところ、おかしいということがわかった。更に診察を受けるたびに点滴
をされていたのも点数稼ぎだと・・・)

今は鼻から入れる胃カメラというものがあり、「おえっ」となるところを通らないので
負担が軽いということでそれにしてもらうことになったのです。

で、鼻の奥に麻酔。鼻から苦い液がおりてきます。それをごくっと飲めと
いうので飲みます。
喉の奥の感覚が麻痺してきます。
カメラを入れる前にもう1度。
唾が飲み込みにくい・・・。

試しに鼻から入れられる。両方入れてみたが、カメラの太さがぎりぎりとの
こと。
・・・で、痛ぇ痛ぇ・・・(T△T)

ムリだったので結局口から。
舌の根元に麻酔。
マウスピースをはめられて、胃カメラ入ってきます。
「はい、ごくっと飲んで-」と看護婦さん。
ムリです。飲めません・・・。

お"え"え"~

えづくばかり。

胃カメラの先輩(相方さん)に、身を委ねていれば大丈夫と言われて
きましたが、体がいうこををききません。


それでも何とか入ったらしく、胃に異物感。
なんとも言えないこの感覚。

「頭は横向きのまま、お腹を台につけてください」と看護婦さん。
そんなことを言われても・・・。
必死に体を動かす。

そんなこんなで終了。

しばらくは鼻からのどに麻酔がかかっているので唾が思うように飲めず
気管に入りむせる始末。


結果は「胃の出口が赤くなってますね。胃炎でしょう(そんなにひどくない)」

あんな思いをして大したことないっていうのも、ホントはいいことだけど
ちょっと損した気分。

薬をもらい、また来週検BENを持って病院に行ってきます。

しかもエコーで子宮筋腫があると言われたというオチまでつきました。


・・・胃カメラだけは一生慣れる気がしないIl|li_| ̄|○il|li

皆さんも、胃腸は大切に。
by pino-little | 2008-01-20 00:09 | つぶやき

食欲と物欲と妄想の日々を、思いつくままにだらだらと書いてます


by pino-little